ストーカー

気をつけよう!ストーカー被害

適用される法律とその仕組

投稿日 2014年9月10日 5:32 PM | 投稿者 あくび

ストーカー規制法というのは、ストーカーをする人を取り締まり、その被害者を援助するために制定された法律です。ストーカー行為とは、一方的な恋慕・怨恨等の感情におけるつきまとい行為から端を発し、そのつきまとい行為を何度も繰り返すことを言います。近年は、そのストーカー行為から発展して、暴行・脅迫・傷害・殺人事件まで発展することも多く、そういった刑法犯の前提としてもそれを予防する上でも注目されている法律となります。その法律が適用される仕組みについては、被害者やその被害者の家族・知人等から警察に対して通報することで行なわれます。実際に通報された警察は、加害者に対して警告が行なわれ、それでもストーカー行為を止まない場合、禁止命令が出されることとなります。もし仮にこの禁止命令に加害者が違反した場合には、罰金・懲役等の処罰を受けることとなります。2013年にはメールを使ったストーカーも存在し、例えば嫌がる相手に何度もメールを送りつける行為自体も規制法の対象とされる行為になっています。またこうした警察により警告を受けた加害者が腹いせに殺人を行なうという事件も発生しており、その規制のあり方や仕組みに対しても盛んに論議を呼んでいます。

コメントを受け付けておりません。