ストーカー

気をつけよう!ストーカー被害

ストーカーの種類別の対策

投稿日 2014年9月10日 5:33 PM | 投稿者 あくび

ストーカーは復讐型や妄想型などいくつかの種類に分類することができます。その中の恋愛型のストーカーとは、カップルの恋愛関係が終わってしまった後もその事実を受け入れることができないことなどがきっかけで起こります。「被害者はまだ自分を愛している」、「被害者にとって自分は必要な存在である」という勝手な思い込み等からつきまといを繰り返すタイプのストーカーです。また行為がエスカレートしていくと自宅でのプライベートな姿を盗撮した映像を送りつけたり、その映像や過去に撮ったプライベートな写真などをネットに掲載することもあります。このタイプへの対策としてはまず第三者からのストーカー犯への説得が必要です。これは当事者だけでは話し合いにならず解決できない場合が多いからです。また第三者が終始ストーカー犯を責め続けるのは逆効果で、さらにストーキングが激しくなる危険性があります。それぞれの意見を冷静に判断し説得できるような人が適任です。そして被害者は普段できるだけ身を守ってくれる人のそばにいることや、防犯カメラを取り付けたり被害を録音・録画をする準備も必要です。ストーカー被害が悪化し警察に相談する時などに客観的証拠がある方が話が進みやすいからです。

コメントを受け付けておりません。