ストーカー

気をつけよう!ストーカー被害

2014年9月 のエントリー


被害にあわないための予防策

2014年9月10日 - 17:34 | 投稿者 あくび

ストーカーとはつきまとい等による嫌がらせ行為のことをいいます。このストーカー被害は年々増加していて、中には被害者が死亡するケースもあります。被害にあわないためには、相手(ストーカー)に自分の生活パターンを読まれないよう、プライバシーを隠すことが重要です。たとえば、家の中では、夜間は明かりで家にいることが知られないように、遮光カーテンをすること、カギはチェーンを含めて必ずかけること、昼間でもエレベーターに乗る前に周囲に不審な人物がいないか確かめ、知らない人と2人きりで乗らないようにしましょう。外出時では、夜間はなるべく人通りの少ない道を歩かないように、タクシー等を利用し、万が一歩くことになっても防犯ブザー等は常に携帯するようにしましょう。尾行された時に、助けを求められる、交番やコンビニ等の位置を確認しておくことも大事です。このように、一人行動の機会を減らすことで、被害から身を守ることにつながります。その他には、恋愛相手を探すのに、出会い系サイト等の利用は避け、交際時には相手の行動をよく見て、ストーカーになる要素(感情の変化がはげしい、嫉妬深い、高価なプレゼントをくれる等)がありそうか、見極め被害予防に努めましょう。

カテゴリー 未分類 | 被害にあわないための予防策 はコメントを受け付けていません。

実際に被害にあったときに初めにすべきこと

2014年9月10日 - 17:34 | 投稿者 あくび

私たちは様々な事件に巻き込まれる可能性があります。
普段は何気ない日常を暮らしていたとしても、次の瞬間に事件に巻き込まれることは十分に考えられることです。
特に女性は被害者になりやすいものです。
力が弱く、立場も弱いことから女性が標的になることが多いのです。
最近、女性への被害で多いのはストーカーです。
このストーカーとは執拗に相手をつけまわすことです。
以前は処罰の対象にはなっていませんでしたが、現在は様々な事件が起きたことから法律が整備されて処罰の対象になりました。
仮にこのストーカーにあった場合はそれなりの対応が必要です。
まず、周囲の人に相談しておくことです。
一人で対応するよりも周囲の人に協力してもらうことが必要です。
また、それと合わせて警察にも相談することです。
決して一人で対応して解決しようとしてはいけません。
警察にはできるだけ詳細に内容を伝え、物的証拠も合わせて提出することが必要になります。
これをすることで、どの程度のものなのかを判断する材料ともなるのです。
初期対応としてはこれらのことをするのと同時に相手に対してきっぱりと拒絶することが必要です。
自分の意思をはっきり相手に伝えることで、ストーカー被害が無くなる可能性は十分にあるからです。

カテゴリー 未分類 | 実際に被害にあったときに初めにすべきこと はコメントを受け付けていません。

一人でもできる予防と対策

2014年9月10日 - 17:33 | 投稿者 あくび

皆さんはストーカー被害に合われたことはありますか。人との出会いは、時としてすれ違っただけでも出会いと感じる人が世の中には入るようです。恐ろしい事だと思いませんか。話してもいない、見た事もない、名前も知らない、そんな人が何故か自分の事を調べていたり、知っているとしたら。ですが逃げ出すようなことは費用が掛かる、大きな負担をなぜか被害者本人が負担することになるのが最も驚異的な事なのです。そんな中、一人暮らしをしている場合特に気を付けなければなりません。家には入ってこないにしても、直接接触していないにしても、バレている可能性は高いです。そして本当に危険です。ですが、警察に相談しても24時間見守ってくれることは無いでしょう。そんな時は自己防衛することが一番大切です。てっとり早く見直すには、自分の生活環境を常識に沿った行動をする事をお薦めします。周りに家族で暮らしている家などがあったら基準としてもいいと思います。なぜなら、生活が安定しているので顔見知りになりやすく防犯につながります。そしてゴミ出しは時間厳守する。すると、近所の人も出しに来るので人が多くいる可能性も高く効率よく警戒することができます。といった形に自己防衛につながります。今では個人の情報が流出しやすいインターネットも自分のことをあまり公表するのは控えるなど、しかし、解決策を検索するには非常に心強いアイテムだと思います。こういった被害の多い世の中なので、どこでだれが見ているかわからないという意識は常に持っていた方が良さそうです。

カテゴリー 未分類 | 一人でもできる予防と対策 はコメントを受け付けていません。

ストーカー行為になるもの

2014年9月10日 - 17:33 | 投稿者 あくび

ストーカーとは、特定の人に対してつきまといや待ち伏せ・おしかけや無言電話・勝手に郵便物を見るなどの行為をする人を指します。例えば、ある人に対する恋愛感情など好意の感情や、その感情が叶わなかったことに対する怨念の感情がきっかけとなる場合が多くあります。ストーカーの特徴としては、異常なまでの執着心があり、なかなか歯止めが利かずに行動がエスカレートすることが多々あります。被害が小さいうちに食い止めることが大切なポイントとなります。このようなストーカー行為をされた場合、まずは最寄の警察署に相談をします。被害者から届け出があった場合、警察は加害者に対し、つきまとい等を繰り返してはならないことを警告することになっています。しかし加害者がこのような警告に従わない場合は、都道府県公安委員会が、ストーカー行為禁止命令を行い、加害者を告訴して警察に処罰を求めることも出来ます。近年は、ストーカー規制法の施行により警察の対応もかなり変わりました。具体的には、加害者に警告をするだけではなく、加害者の氏名や住所等の連絡先を知らせてくれたり、被害防止交渉に関するアドバイスをくれるなどです。被害が深刻にならないうちに、まずは警察に相談をすることです。

カテゴリー 未分類 | ストーカー行為になるもの はコメントを受け付けていません。

ストーカーの種類別の対策

2014年9月10日 - 17:33 | 投稿者 あくび

ストーカーは復讐型や妄想型などいくつかの種類に分類することができます。その中の恋愛型のストーカーとは、カップルの恋愛関係が終わってしまった後もその事実を受け入れることができないことなどがきっかけで起こります。「被害者はまだ自分を愛している」、「被害者にとって自分は必要な存在である」という勝手な思い込み等からつきまといを繰り返すタイプのストーカーです。また行為がエスカレートしていくと自宅でのプライベートな姿を盗撮した映像を送りつけたり、その映像や過去に撮ったプライベートな写真などをネットに掲載することもあります。このタイプへの対策としてはまず第三者からのストーカー犯への説得が必要です。これは当事者だけでは話し合いにならず解決できない場合が多いからです。また第三者が終始ストーカー犯を責め続けるのは逆効果で、さらにストーキングが激しくなる危険性があります。それぞれの意見を冷静に判断し説得できるような人が適任です。そして被害者は普段できるだけ身を守ってくれる人のそばにいることや、防犯カメラを取り付けたり被害を録音・録画をする準備も必要です。ストーカー被害が悪化し警察に相談する時などに客観的証拠がある方が話が進みやすいからです。

カテゴリー 未分類 | ストーカーの種類別の対策 はコメントを受け付けていません。

ストーカー規制法は万全ではない?

2014年9月10日 - 17:32 | 投稿者 あくび

ストーカー規制法が定められてからは、ストーカーの被害そのものが全く起こらなくなったかというとそのような事は無く、ストーカー行為には繋がっていたとしても、ストーカー法に該当しないからという部分をすりぬけた犯行が行われるケースは少なくないです。
例えば、ストーカーを規制する事ができる物には、軽犯罪法違反や名誉毀損違反という物や、脅迫罪違反という物などが存在しますが、これらの3つの違反をしていなければ、警察側は動けなくなってしまうという事があります。
また、基本的にはすぐに逮捕する訳ではなく、つきまとい行為等が見つけられたとしても、犯人に直接警告を行って被害を防ぐという事柄に出る事も多く、注意をして経過を見守っていくという対策を警察側が取る事もあり、こういった場合には、注意を受けたその後に犯人が別の方法等を利用してストーカー行為に似ている事を行いかねないという恐怖が被害者には伴ってしまいます。
この為、ストーカー規制法があるからと言って、必ずストーカーの被害には遭わなくて済むという保証はなく、万全な規制法が定められているとも言い難い状態にあります。
ちなみにこのような場合に当てはまるか曖昧な場合には、法律に詳しい専門家に相談をすると良いです。

カテゴリー 未分類 | ストーカー規制法は万全ではない? はコメントを受け付けていません。

適用される法律とその仕組

2014年9月10日 - 17:32 | 投稿者 あくび

ストーカー規制法というのは、ストーカーをする人を取り締まり、その被害者を援助するために制定された法律です。ストーカー行為とは、一方的な恋慕・怨恨等の感情におけるつきまとい行為から端を発し、そのつきまとい行為を何度も繰り返すことを言います。近年は、そのストーカー行為から発展して、暴行・脅迫・傷害・殺人事件まで発展することも多く、そういった刑法犯の前提としてもそれを予防する上でも注目されている法律となります。その法律が適用される仕組みについては、被害者やその被害者の家族・知人等から警察に対して通報することで行なわれます。実際に通報された警察は、加害者に対して警告が行なわれ、それでもストーカー行為を止まない場合、禁止命令が出されることとなります。もし仮にこの禁止命令に加害者が違反した場合には、罰金・懲役等の処罰を受けることとなります。2013年にはメールを使ったストーカーも存在し、例えば嫌がる相手に何度もメールを送りつける行為自体も規制法の対象とされる行為になっています。またこうした警察により警告を受けた加害者が腹いせに殺人を行なうという事件も発生しており、その規制のあり方や仕組みに対しても盛んに論議を呼んでいます。

カテゴリー 未分類 | 適用される法律とその仕組 はコメントを受け付けていません。

なぜかストーカーを惹きつける人

2014年9月10日 - 17:31 | 投稿者 あくび

なぜかいつもストーカー被害に遭ってしまうという人には、いくつかの特徴があります。例えば、同情しやすい人です。このタイプの人は相手に感化されやすく、相手の話を聞くことが多いようです。さらに、言いたいことがあっても我慢してしまうという我慢強い人もそのような傾向にあります。言いたいことがあれば、はっきりと意思表示を行うことを心掛けるようにします。
その他の特徴としては、温厚で誠実な性格の人とされています。
もし、相手が自分に好意を持っている、持ち始めていると感じ、こちらにその意思がない場合にははっきりと伝えることが大切です。しかし、それが逆効果となってしまう可能性もあります。
相手に好意を与えないということも重要です。何らかの被害にすでに遭っているという場合には、最寄りの警察署に相談したり、被害を証明するような記録を残すようにしましょう。相手からの手紙やメール、メモなどがあれば、捨てずに保管しておくようにします。
さらに、普段の生活でも防犯グッズなどを用いて再度被害に遭わないように気をつけるようにします。
ストーカーは異性からの被害が圧倒的に多いものです。異性と仲良くする場合には、相手を見極めることも重要です。

カテゴリー 未分類 | なぜかストーカーを惹きつける人 はコメントを受け付けていません。

ストーカー気質を見極めるには

2014年9月10日 - 17:29 | 投稿者 あくび

ストーカー気質な人を見極めるには、その人がどのような性格を元々から持っていて、どのような振る舞いをする人間なのかという事を知る事が重要です。
例えばこの気質の人の中には、自己中心的な考え方が強い人や、嫉妬深く、相手を自分だけの物にしておきたいというような願望がとても強い人物が多いとされているのです。
嫉妬深い人物の中でも、外出を禁じたりするような人や、友人や知人と遊びに出かけたりするのを必要以上に禁ずるような人物の場合には、注意が必要です。
更に、ストーカーになりやすい人物像として挙げられるのは、完璧主義の人でもあります。
この思考を持っている人というのは、何かしらの物事を完璧に行わなければ気が済まないという傾向から、個人の恋愛に関しても完璧でなければ気が済まず、欲求が満たされないとして行動を起こす事があるので、少し注意が必要とされています。
この3つの性質を持ったままの人物と交際をしてしまった経験がある場合で、別れを切り出す場合には、はっきりと物事を言い表し、自分は拒否しているという事を相手に対して徹底的にアピールをする事が必要とも言われています。
自己中心的な人物にも、他人の気持ちを考慮に入れられないという部分で警戒が必要です。

カテゴリー 未分類 | ストーカー気質を見極めるには はコメントを受け付けていません。